メインコンテンツにスキップ
すべてのコレクションユーザーコンテンツ
検証済みアカウントやバッジ付きコレクションとは?
検証済みアカウントやバッジ付きコレクションとは?
一週間前以上前にアップデートされました

アカウントの検証により、コミュニティが本物のクリエイターを識別し、コンテンツがそのクリエイターのものであることを確認できるようになり、NFT エコシステムへの信頼が高まります。

アカウントの青いチェックマークバッジは、アカウントの信頼性が OpenSea によって検証されていることを意味します。

mceclip0.png

コレクションの青いチェックマークバッジは、そのコレクションが検証済みのアカウントに属しており、高い関心が寄せられている、または売り上げがあることを指します。

mceclip1.png

アカウント検証とコレクションバッジ資格、申請方法の詳細については以下をご覧ください。なお、アカウント検証やコレクションバッジの判定は、当社の審査時点での資格要件や基準に基づいています。現在の資格要件については、以下をご覧ください。

⚠️ よくある詐欺行為にご注意ください。

OpenSea には有料の検証オプションはありません。検証プロセスは以下の手順に従って OpenSea ウェブサイトで行われます。検証を確保するために第三者と協力することは決してしないでください。

検証とバッジ申請に最低限必要な条件

販売高が 75 ETH 以上 (または同等) のコレクションを1件以上所有し、最低アクティビティレベルやソーシャルプレゼンスなど、その他の基準を満たすアカウントは、検証を申請することができます。アカウント検証を申請すると、バッジ審査の対象となるコレクションも送信されます。クリエイターがアカウント検証とコレクションバッジを個別に申請する必要はありません。

検証およびバッジ付与の対象となる場合、アカウントページの [設定] の [検証とバッジ] セクションに申請のためのバナーが表示されます。このセクションは、申請資格のあるユーザーのみに表示されます。

アカウント検証とコレクションバッジの基準

検証とバッジの目的は OpenSea 上の健全なエコシステムをサポートすることであるため、すべてのアカウントとコレクションが検証とバッジの対象となるわけではありません。以下を有するアカウントが申請対象となります。

ご自身のコレクションが既存のバッジ付きコレクションから着想を得ていると思われる場合、当社のカスタマーサポートチームがバッジを追加するため、コレクションに「着想元」コレクションのタグ付けをお願いすることがあります。詳細は、ヘルプセンターのガイドをご覧ください。

特定の状況では、上記のすべての基準を満たしていないアカウントやコレクションについても検証とバッジの対象となる場合があります。

検証とバッジの申請方法

アカウント検証とコレクションバッジの申請方法は次のとおりです。

1. [設定]の [検証とバッジ] セクションに移動します。このセクションは、アカウントが特定の資格要件を満たしている場合にのみ表示されます。

スクリーンショット

2. プロフィールをすべて入力し、コレクションに関する不足情報があれば追加します。
不足がある場合は、 [審査ステータス] の下にある3点ドットメニューをクリックして、入力が必要な内容を確認します。

3. プロフィールとコレクションに不足しているアイテムを入力したら、[審査のために送信] をクリックします。

スクリーンショット



カスタマーサポートチームがリクエストを審査する間、審査ステータス進行中と表示され、7日以内に回答が届きます。審査結果はプロフィール設定でも確認できます。

スクリーンショット

アカウントが確認されると、プロフィールのユーザー名、メール アドレス、ソーシャルメディアの接続フィールドがセキュリティのためロックされます。検証済みのアカウントのプロフィールを変更するには、サポートチームに連絡する必要があります。

アカウントの検証後に新しく作成したコレクションは、対象となり次第すぐに審査のために自動送信されるため、毎回手動で再申請する必要はありません。

カスタマーサポートチームによるアカウント審査の結果、検証が付与されなかった場合、7日間経過後に再申請できるようになります。

検証済みステータスの取り消し

当社は、サービス利用規約の違反を含む理由の如何を問わず、アカウント検証またはコレクションバッジの付与を拒否し、アカウント検証およびコレクションバッジを削除する権利を留保します。

当初は対象となるアカウントやコレクションの中にも、ソーシャルメディアのフォロワーの規模、コレクションの販売活動や所有権の分布など、特定の内部基準を満たさないものもあります。当社では、より多くのアカウントに適用を拡大し、検証の決定についてできる限り透明性を提供する方法を模索し続けています。

こちらの回答で解決しましたか?